アマレコライトでプレイ動画を録画

youtubeやニコニコ動画や生放送などで人気の高いゲーム実況プレイ動画。実際にゲームをしなくても、ゲーム実況プレイ動画を見るだけで自分もゲームをしているような感覚が頼んしめたり、FPSなどアクションゲームなどは上手い人の立ち回りを勉強したりなど目的は様々。ゲーム実況プレイ動画専門の配信者もいるほど人気が高い動画のジャンルです。

このゲームプレイ動画は必要な物さえ揃えれば誰でも簡単に作ることができます。いくつかゲームプレイ動画の録画方法などを紹介していきたいと思います。PCゲームの録画方法をなるべくパソコンにあまり詳しくない人でもわかりやすいように解説して行きます。

PCゲームのプレイ動画の録画方法

オンラインゲームなどのPCのゲームの場合、用意するものはキャプチャーソフトくらいです。有料のものでもいいですが、無料のものでもそこそこいい仕事してくれるのでここでは無料のソフトでの録画方法を紹介します。

と、その前にまずパソコンのスペックを確認して下さい。パソコンのスペックによっては上手く録画できなかったり処理に時間がかかりすぎてしまう可能性があります。スペックの目安としてはPSO2やTERAが普通にプレイできるくらいあれば大丈夫でしょう。最強ゲーミングPCなら録画しながらプレイできますが、低スペックだと正直厳しいです。

ただ、OSや32bitか64bitかで方法は変わってきます。さらに、動画作成にはCPUが重要になります。CPUが高性能であればエンコードの時間短縮に繋がります。メモリも多いとなおいいです。後は、HDDの容量は十分に空いていますか?空き容量が少なければ外付けHDDを用意しておきましょう。

手順

①プレイ動画をキャプチャーする
②キャプチャーした動画をエンコード(圧縮)する
③動画サイトにアップロードする

このような流れになります。せっかくなので高画質で録画したいですよね。では、さっそく録画する方法です。

無料のキャプチャーソフト「アマレコライト」とAMV2MT/AMV3ビデオコーデックをダウンロードします。アマレコライトを開いたら、ビデオタブで設定します。ここが重要なポイントです。以下のように設定して下さい。

全般の設定

・保存先で任意の場所を指定
・ホットキーの録画で希望のキーを指定

ビデオタブ設定

・ビデオのフレームレートを40~45fps
・カラーフォーマット指定をRGB32
・リサイズのチェックを外す
・圧縮をAMV2MTにする
・AMV2MT横の設定を開きR3を標準に設定してデコードを8にする

オーディオ設定

・サンプリングレートは4800Hz
・ビットは16bit
・チャンネルは2ch:Stereo
・オーディオプラグインはCore Audio Capture

オーディオプラグインは自分の声も録音する場合は「waveIn Capture」に設定します。

高度な設定

・Nullフレームを使うにチェックを入れる
・ターゲットプライオリティにチェックを入れて高いを選択

これで設定は完了です。再度アマレコライトを開いて、録画したいゲームを起動させましょう。アマレコライトがゲームを認識すると画面左上に白い数字が表示されていることを確認して下さい。万が一ゲームが認識されない場合はゲームをウィンドウモードに切り替え、アマレコライトを再起動することで認識する場合があります。それでもダメな場合はバンディカムなど他のキャプチャーソフトに切り替えてみるといいです。

後は、プレイ動画を撮りたい時にアマレコライトの全般設定で指定した録画のホットキーを押すだけで録画が開始されます。これは高画質な設定にしてあるので、もしこれで画面がフリーズする場合があったら設定をパソコンのスペックに合わせて変更する必要があるので、試しにまずは録画してみましょう。